宅建の微妙な位置づけ

優れた通信講座を選んで合格へ一直線「宅建試験とおすすめの勉強方法」

中学生の合格者もいるけれど、現実的に平均合格率は17%。
宅地建物取引主任者(宅建)の資格試験は非常に微妙な位置にあります。
決して難関と構えるほどの資格ではないですが、しかしなめてかかるとまず合格はできません。
「それ相応の学習が必要だと思う」。そのことが分かっているみなさんだからこそ、いろいろ迷ってしまうと思うのです。

「150時間以上など一定以上の勉強は覚悟をしているが、勉強に費やした時間は絶対にムダにしたくない。
一回でさっさと合格して先へ進みたい」。その気持ちよくわかります。
「しかし宅建を取るためだけに15万も20万もお金を掛ける必要が、ホントにあるの?
なにも税理士になろうというわけではないんだから」。その気持ちもわかります。
だからだと思うのです。近年、通信講座を利用して国家試験を目指す人は急増していますが、なかでも宅建ではそのことが顕著です。そのためネットのなかではちょっとした混沌が起こっています。

試しに「社会保険労務士 通信講座」、「税理士 通信講座」、「宅建 通信講座」その他で検索して比べてみてください。圧倒的に情報量の多いのが「宅建 通信講座」だとお分かりになるでしょう。
このことは単純に需要と供給による現象です。「宅建は通信講座で充分合格できる」。
そのよう正しく考えている受講生が多いので、「これはビジネスになる!」と、次々と新しい通信講座が出てきています。
「本物はどれか?探し出すのに一苦労」、みなさんはすでにそんな思いをしていませんか?

当サイトの管理人も、宅建に一回で合格するために通信講座を利用した者の一人です。
宅建通信講座の教材には、ずいぶんお世話になりました。
管理人は、受講料のことだけを除けば通学の魅力もよくわかっているつもりです。
ですから、「必要なものは必要。いらないものはいらない」。
そこのところスッキリ見極めて前へ進んでいただけるよう、このサイトを作成しました。
ぜひ読み進めてみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。