「出題ポイント集中型」なら法律学習は難しくない

【主婦向け】初めてでも法律をスムーズに学ぶコツ

学生時代にどんなに一生懸命勉強してきた方であっても、大人になってすっかり学習から遠ざかってしまうと、途端に勉強に対するハードルは高く感じられるようになるものです。ましてやそれが「初めての法律学習」であればなおのこと、及び腰になってしまうのも無理はありません。

最近では、主婦の方が自己啓発的に宅建試験日を目指して学習をスタートさせるケースが増えていますが、皆さん口を揃えておっしゃるのは、法律なんて難しくて、私には無理かも……法律の勉強は初めてだから、長期計画でいこうかな

などの「法律学習に対する不安」。一般的に、他の国家資格と比較すれば、宅建試験はまだ易しいといったイメージがあるのですが、それでも一度勉強を始めてみると「膨大な試験範囲」や「法律特有の難解な言い回し」につまずき、宅建試験への壁が想像以上に高いことを悟られる方が多いようです。

宅建試験合格は、確かに、巷のイメージ以上に難しいと言えます。
しかしながら、資格試験である以上、対策のポイントさえ押さえることが出来れば、どんな方でも無理なく合格を目指すことが可能なレベルであるとも言えます。
では、そのポイントとは何かと言えば、それは「出題傾向に沿った学習」なのです。
これは宅建試験に限らず、どんな国家資格についても共通することですが、一定の知識レベルを測る資格試験である以上は、必ず「出題傾向」があります。
その試験に合格する者であれば知っておくべきポイントというのは毎年しっかり問われますし、一方で、突拍子もないマニアック問題を安易に出すようなことはまずないでしょう。
よって、試験対策としては「狙われるべきポイントのみに的を絞って学習を進めること」が最も有効であると言えます。
ポイント重視の学習を実践すると、必然的に幅広い試験範囲が絞られることになります。つまり、効率良く学習量を調整することが可能になる、というわけなんですね。これは、膨大な量の学習にただやみくもに取り組むよりも、断然スマートなやり方です。

法律学習に自信のない主婦の方でも、限られたポイントのみの習得であれば、何とかこなし切る見通しが立つのではないでしょうか?
資格試験対策において、傾向を元に学習範囲を絞ることは戦略であり、単なる“ヤマ当て”とはわけが違います。効率重視で合格を目指す賢い主婦の皆さんは、どうか自信を持って“ポイント重視型学習”を選択されてください。